infocart 厳選!おすすめ情報商材の紹介とレビュー

インフォカート厳選情報商材紹介所 > スポンサー広告 >【ある特別な現象のタイミングを狙いうち】長瀬流 FX解体真書 2008年⇒2009年インフォカート厳選情報商材紹介所 > FX >【ある特別な現象のタイミングを狙いうち】長瀬流 FX解体真書 2008年⇒2009年

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【ある特別な現象のタイミングを狙いうち】長瀬流 FX解体真書 2008年⇒2009年

【ある特別な現象のタイミングを狙いうち】長瀬流 FX解体真書 2008年⇒2009年

発行者:   合同会社セントラルインベストメント



長瀬流FX解体真書とは

長瀬流FX解体真書とは、FXのいわば総合百科事典です。

この私、長瀬の自身の研究と成果に基づいた長瀬流としてFXの利益構造をわかりやすく分解していきます。 プロのような言い訳めいた難しい知識や計算など不要です。

最近では、色々なFX教材が出版されFXがメジャーになってます。

しかしながら、そうして出版された商材や書籍はほとんど
基礎知識8割。その場しのぎのテクニックが2割程度の粗悪なものでした。

そんな物がまかり通って販売されているようでは、利用者が成功出来る筈はありません。

正しい知識は当たり前として、精度の高いテクニック・タイミングを明確にした上で、なおかつ実践に結びつく内容のものはこれまでありませんでした。

私の解体真書は、何も知らない初心者から、上級者まで全ての人に体系的にFXで成功出来るように設計しております。
そのため、膨大な量のデータやテクニックが詰まっております。

PDFファイル910ページ以上です。

FXを知らない人は、最初の項目から、まずFXの全体を知り、そこから個別のテクニックに入っていけばよいでしょう。
中級者・上級者の人は必要な部分から必要なテクニックのみを辞典のように引いて使ってださい。

購入者の人の中には900ページも使い切れない!と言われる人がたまにいらっしゃいますが
全てが全て一度に使う必要はありません。

これはFXの総合辞典のようなものです。あなたは辞書を最初の1ページから読み進めますか?……しないと思います。

あなたが必要なトレードテクニックや情報を好きなだけ抜き取ればよいのです。


大体このような構成になっています。

①市販の書籍や一般FX教材で語られるFXの基礎知識 100ページ
②長瀬流システムトレードのゼロからの組み立て方 300ページ
③長瀬流実践トレード 200ページ
④長瀬流FXデータベース 300ページ


①と④は別段説明せずとも良いでしょう。
ここでは②と③について紹介しましょう。

長瀬流システムトレードのゼロからの組み立て方

この長瀬流の解体真書が特に画期的なのは、今までなかったオリジナルシステムトレードの作り方をゼロから伝授しています。

これはMetaTrader4を使ったシステムの構築に仕方をお教えします。勿論知識ゼロの方から対象です。

これにより、あなたは自分に必要なシステムをステップを進めるだけで組み上げることができます。
それ以上に、今まで手に入れたシステムトレードを検証することができます。

システムトレードと、長瀬の使う裁量のテクニックを組み合わせて利益とリスクを同時管理するのが目的です。


長瀬流実践トレード

解体真書の中の一部。実践段階に入りますと、長瀬オリジナルのテクニックに入ります。

長瀬のトレードは、ダブルスタンダード理論という投資スタイルを確立しています。
これこそが裁量とシステムを組み合わせて、最大の利益率を目指す方法です。

ちなみに私は、海外で様々なセミナーやコミュニティに参加させていただいておりますが、この考え方は幅広く受け入れられ
世界的にも、特に個人投資家の間では好まれています。


先ほどお話しした通り、私は語学を利用して最先端のイギリスとアメリカのトレードテクニックを基本としています。
日本人の投資セミナーに受講生として参加したこともなければ、日本人のプロの書籍を購入したこともありません。


長瀬自身が今のこのトレードに行き着いたのは、ある一人のイギリス人青年投資家のトレード履歴でした。 名をエルバートというこの人は、日本円にして200万円を5年で22億円にした人物でした。
この人は貴族家の遠縁で、このような人と海外で開催されているコミュニティでお知り合いになれたのです。

この人が徹底していたのが、トレードのタイミング。 ある一定の瞬間とある条件下でのBUYとSELLを巧みに使い分ける方法で、この方は200万円から22億円以上巨額資金を作り上げたのです。

エルバート氏にはトレード自体のタイミングを教える事はできないとはぐらかされましたが
トレード履歴を私に渡してきて「このトレードを見て検証してほしい。そうすれば何を根拠にトレードしているか解るよ」とおっしゃったのでした。
要するに教えはしないけど、盗むのならば構わないとの事でした。


私はそのトレードを検証し、バックテストし、FXのある現象に気がついたのです。
それこそがFXで安定して勝率が高騰するタイミングです。

そのタイミングを利用して、トレードに発展しているのが長瀬流なのです。
すなわち、この解体真書で紹介されている手法です。

【ある特別な現象のタイミングを狙いうち】長瀬流 FX解体真書 2008年⇒2009年の詳細を見る

実質 数秒~数分のトレードのみで平均サラリーマンの月収の50倍を狙う

| FX

<< 競馬投資法【スライド方程式】が年間回収率160%超えを実現! | インフォカート厳選情報商材紹介所トップへ | 証券ディーラーの隠し技 山本伸一の日経225先物パターントレード >>

サイト紹介

カテゴリー

24時間ランキング

月間ランキング

情報商材検索

オートリンクネット

インフォカート

ブロぞう無料レポート

アクセスアップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。